illustration + nikki /akiko 
infomation

calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
categories
selected entries
archives
comment
counter
ブログパーツUL5
link
recommend
sponsor
others
*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
0
    *人生、ブラボー!








    父親を、兄弟たちが抱きしめるシーン。
    ある会合で、本人が思わず発言するシーン。
    ジーンとくるシーンが心に残ります。


    この映画だけの、特別な兄弟たち。
    特別な兄弟は、これからもっと幸せになる。
    愛と幸せがたくさん隠されていた映画でした^^





    cinema / 23:33 / comments(0) / trackbacks(0)
    0
      *ハラがコレなんで





      2011年笑ってしめくくりたい。
      そんな期待をもって映画おさめに
      この映画を選びました。
      ハラコレ。





      序盤。
      突拍子もない主人公についてけない!!
      と、ちょっと戸惑いをおぼえたわたし。
      でも映画がすすむにつれ、見えてくる事情。
      だんだん惹きつけられていきます。


      生活感のにじみ出た
      ただただ続くつましい暮らし。
      ・・・が育む人情味のある人々。
      心のゆたかさを感じる映画で
      わたしはよかったと思います。


      2回ほどでてきた言葉がとてもよかった。
      「迷惑かけるよ。でもわたしにはもっと迷惑かけていいから」
      とてもじんとくる言葉です。





      cinema / 23:52 / comments(2) / trackbacks(0)
      0
        *ハウスメイド








        「カンヌ映画祭」愕然!!

        ・・・というコピーに釣られて観たのは
        わたしだけじゃないはず。

        ちょっとちがう感じの「復讐劇」を期待していたので、
        なにやら違う方向に向かっていってるな〜。。。
        と、いやな予感はずっとしてた^^;

        なので、最後は案の定。
        と言った感じです。




        cinema / 22:10 / comments(0) / trackbacks(0)
        0
          *ステキな金縛り








          今秋の話題作、観てきました!!

          さすが大物俳優たち!

          「見えるものを見えない」演技
          「見えないものを見える」演技

          役者さんの演技は圧巻でした!

          笑い、ばかりでなく
          切なくもハッピーなエンディング。

          シナモンティー飲みつつ
          映画を反芻するとします*^^*






          cinema / 22:25 / comments(0) / trackbacks(0)
          0
            *探偵はBARにいる






            やっぱり大泉洋はおもしろい!
            だから必然的にストーリーもおもしろい。
            実は予告篇ではあまり見たいと思わなかったものの、
            やっぱり大泉洋に惹かれて観に行った。

            「探偵」というからにはきちんとミステリーで
            しっかりだまされた上に、切ないけれどとてもいいエンディング。

            あの役は西田敏行だからこそ、
            短い時間であれだけの心象を引き出すことができたのだ。
            美しくもこわいイメージも小雪さんにピッタリ。

            ・・・と絶賛オススメです!!






            cinema / 21:07 / comments(2) / trackbacks(0)
            0
              *うさぎドロップ








              原作にどっぷりだと、違うところを探して指摘したりしがちなわたし。
              でも今回ほとんど予習をしてないためか、すごく楽しめました。

              今をときめく愛菜ちゃん。
              りんちゃんの持つはかなさ・さみしさをきちんと持ちあわせている。
              かわいいだけじゃないです。すばらしい女優。
              いろんな大人がいるっていうのを、
              豪華キャストの熟練した演技で見れました。
              (お気に入りの秋野太作さんや根岸季衣さんなど)
              秋に向けて、楽しみな映画が増えてきた。
              ツレうつ・ステ金・猿惑。
              ・・・と全部略されるのかな!?





              cinema / 23:37 / comments(0) / trackbacks(0)
              0
                *シリアスマン







                話について行くのがやっと。
                ユダヤの宗教的な言葉や歴史を知っていれば
                少しは理解できたのかも・・・。

                  すべて呪いの仕業だったってこと?!
                  それならそれで因果関係が不明。ムム。
                  どなたか腑に落ちる解釈をお願いします。




                シネマ5ロビーにあっただるまちゃん。






                cinema / 00:20 / comments(4) / trackbacks(0)
                0
                  *婚前特急







                  複数の男性と同時進行で交際してることを
                  みんな了解してつきあってるのがスゴい(笑)

                  番号のついた革のキーカバー。
                  ちょっとカッコイイと思った(笑)

                  主役とは対照的な友だち役の杏さん。
                  包容力のあるやさしい友だち。
                  雰囲気とぴったりでした。
                  あの旦那さんステキだな。

                  劇中に出てきた百人一首。
                  うれしかった^^

                  http://konzentokkyu.com/





                  cinema / 21:01 / comments(16) / trackbacks(0)
                  0
                    *森崎書店の日々







                    森崎書店の日々、観てきました。
                    舞台は古書店街の神保町。

                    本を読んでいるだけで、菊池亜希子ちゃんは絵になる。

                    ちょっと退屈だけれど、
                    焦らなくていい。ゆっくりでいい。
                    そんな気持ちになれる映画でした。




                    いただいたしおりは、ばんぢろの珈琲割引券。
                    うれしいおまけ。





                    cinema / 22:26 / comments(0) / trackbacks(0)
                    0
                      *ゲゲゲの女房






                      古きよき昭和感たっぷり。

                      communeさんから聞いていたとおり
                      スタイリングがとてもステキだった^^

                      舞台はひたすら貧しい生活。
                      これからようやく水木フィーバーか!?
                      ・・・ってところで迎えるエンディング。


                      水木しげる独特の笑い方もきちんと再現されておりました。






                      cinema / 13:01 / comments(4) / trackbacks(0)
                      0

                        << New   /   Old >>